彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧

アンチ消費社会…?

d0289139_19444931.jpg

 通勤の途中、ラジオでHBCラジオ「朝刊さくらい」を聴くのが一つのリズムになっている。そして、「今朝の三枚おろし」(7時40分頃)、火曜日のコメンテーターは大好きな館浦あざらしさん。

 29日(火)の放送で小学館発行のPR誌「本の窓」のことを誉めて?いた。読みたくなり、ホームページをチェック。特に、俳優・菅原文太と元沖縄県知事・大田昌秀氏の対談(連載)で「なぜ今の沖縄がこうなっているのか…歴史を知れば納得する…」云々(正確でなくすみません)。ホームページの目次を見ると、副題は「外野の直言、在野の直感」とある。連載ももう24回も続いているんですね…。ますます読みたくなりました。

 もう一つ、館浦さんが話していたことで印象に残っているのは。「何も高い本でなくても、この本の窓のようにわずか100円でも中身はいっぱい詰まっている…」。確かにそうです。PR誌だから中身が薄い訳でもないし、100円だから中身が薄い訳でもない。逆に言えば、高いものが全て価値あるわけではない。特に文化系は!(文化系、という表現は舌足らずですが)。

 論点が飛躍するが、消費、消費社会が最優先される社会は貧しい社会だと思う。やはり小さな額でも小さな一歩でも創造する行為、活動こそが貴重だと思う。

 園子温再び…
 こんな事を鬱々と考え、食事しながら夕刊(朝日)を見ていると、「核なき世界へ」という連載で園子温監督が登場し、福島や広島、長崎のことを語り、「それくらい忘れた日本って何なのか。この国の流れのままに生きていたら、そういう無関心になる…」。
 きっと、実際に体験し、被害者(やられた側)の立場にならないと、全ては見えてこない。そのことを少しでも気がついたなら、歴史から学んだり、忘れてはならないことを忘れないことだ。

 消費や消費社会にしか関心がないと、感じることができないことだろう。しかし、どんな人もいつそういう立場になるかもしれないのだと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 
[PR]
by saiseidoh | 2013-01-30 20:23 | 出版社 | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道