彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧

トレイシー・ローズ「トレイシー・ローズ」

d0289139_2094724.jpg

 先日おじゃました「書肆吉成」で入手した『トレイシー・ローズ』(WAVE出版)。以前からどこかにないかな、と探していたところ、同店舗で見つけた、という次第。

 ほぼ5分4ほど読み終えたが、「素晴らしい」のひと言だ。

 元ポルノ女優、トレーシー・ローズ。15歳にして年齢を詐称してのポルノへの出演。そして一時代を画するごとく活躍。だが、年齢詐称が突如明らかになって後の悲惨、苦闘。その様子が克明に描き出される。

 何より印象深いのは、それが事実、だ、ということだ。小説や作り物ではない、1980年代のアメリカで起きた事実である、ということだ。
 
d0289139_20175695.jpg

 特に子供時代の悲惨な家庭の状況。それが遠因か、直接引き金となってか、ポルノ界に身を投ずる運命となる。

 こういうノンフィクションに触れると、小説や文学の意義を過大評価しすぎる昨今の傾向が気になる。

 例えば、こんな具合。
 
d0289139_20213957.jpg

 『an an』など、流行雑誌はその時代時代の読者に先んじておしゃれやおしゃれ心を提供することでその存在意義を見出しているようだ。最新号で「漫画と映画と小説と」とある。ここに“ノンフィクション”とないことがとても寂しい。当然と言えば当然だ。事実を真正面から見つめなければならないノンフィクションなど、流行雑誌で幅を利かせるはずもない。

 マンガ、映画、小説。全て、“虚構”を基盤とする表現媒体が隆盛を極める意味とは何なのか?(もちろん、漫画や映画にはドキュメンタリーもあるだろうが…)。

 事実から逃れることができないノンフィクションへのクローズアップを強く望みたい。きっと、“虚構の世界”に心惹かれる人たちが多い、ということなのだろう。それだけ優秀な人材がノンフィクション界に少ないとも言える。
 
d0289139_203156.jpg

 

 
[PR]
by saiseidoh | 2013-04-16 20:32 | ノンフィクション | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道