彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧

宮沢賢治

 芥川賞、直木賞が半年に一回決まるので、何だか慌ただしい感もあるが、様々な才能ある人たちが世の中にはたくさんいるものだ、といつも感心する。

 やはり話題性ではなく、作品として力のあるもの、唯一無二なものを選んでほしいが、そこはこちらの範疇ではないので置いておく。

 今回改めて思うのは、宮沢賢治など、過去の作家達の凄さである。若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」、門井慶慶「銀河鉄道の父」。二作品ともに、宮沢賢治なくしては存在しない作品だったろう。タイトル名の銀河鉄道も、「おらおらひとりでいぐも」すら宮沢賢治発、である。

銀河鉄道の父

門井慶喜/講談社

undefined


 秋田の山奥が出生の地なので、東北出身の作家には子供の頃から憧れた。石川啄木、太宰治、宮沢賢治。最も憧れたのがやはり宮沢賢治で、生き方に思い惑った20歳前後には賢治ゆかりの地の花巻や小岩井農場などを訪ね歩いたし、賢治風の童話「晴天疾走」などという作品も仲間内の同人誌に書いた。

 やはり宮沢賢治は恥ずかしいながら憧れの人である。


[PR]
by saiseidoh | 2018-01-18 08:59 | 文学・小説 | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道