彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:街(町)歩き( 85 )

ソウル・東大門市場 古本屋

d0289139_12160541.jpg
d0289139_12473161.jpg
ソウルの古本事情は日本とはかなり違うようだ。東大門市場の外れに「書籍市場」があったので訪ねてみた。しかし、やはり日本語の本は皆無で欲しい本は全くない。

軒数は20〜30軒ぐらいかもしれないが、ほとんど魅力を感じない。日本のかつての古本の世界や神保町の充実度が際立っている。

昨日はソウル一の老舗古書店と言われる通文館も訪れたが、古文書、古書籍的なものが多く、活き活きと動いている市場には見えない。


[PR]
by saiseidoh | 2017-08-11 13:55 | 街(町)歩き | Comments(0)

ドーム・モニター

d0289139_18533301.jpg
d0289139_18535440.jpg
 今年度の札幌ドーム・モニターとして北海道コンサドーレ札幌 Vs 清水エスパルス戦を(夫婦2人で)観戦。21日には同モニターで日本ハムファイターズ VS ソフトバンク戦も観戦する。

 2点先取し、楽勝かと思ったが、後半猛反撃に遭い、とうとう2対2まで追い詰められた。しかし、終了間際、ロスタイムに(今はロスタイムとは言わないようだが…)都倉が劇的なシュート。3対2でコンサドーレが勝った。

 モニターとして主にドームの設備的な面やサービスその他についてアンケートに答える。




[PR]
by saiseidoh | 2016-08-07 19:04 | 街(町)歩き | Comments(0)

北海道お菓子フェア

d0289139_20565192.jpg
                 (菓子の樹作「道庁赤レンガ」)
d0289139_20570999.jpg
 札幌国際情報高校のダンプレを観たく、「北海道お菓子フェア」に出かけた。

 数年前に自宅近くのスーパー駐車場で初めて観て、楽しんだのがきっかけ。この日も演奏し、踊るパフォーマンスはとても楽しかった。なぜか、BIGINの「島人ぬ宝」の演奏には涙が出そうになった。若い人たちの可能性と、ふる里に寄せる思い、といったものがよく表現されていた。

 ★札幌市中央図書館へ

 帰りがけ、某企業の百年史の取材、執筆スタートに向け、札幌市中央図書館郷土資料室に寄った。必要とする本や文献はだいたいが「館内利用」のみで、貸出が受けられない。そして、明治、大正時代の地方の新聞は全くといってよいほど保存されていない。これは道内どこも同じ状況のようだ。やはり新聞や雑誌は古い時代のものは残っていって欲しいものだ。すでに手遅れの感もなきにしあらず、だが。

[PR]
by saiseidoh | 2016-06-26 06:53 | 街(町)歩き | Comments(0)

ギャラリー喫茶工房WOO

 前の職場でいろいろと話を聴いてくれた知人がギャラリー喫茶というのを始めた、というので、本日初めて訪ねた。

 自宅から車で5分ほど。暖かくなれば、自転車でも行ける距離だ。
d0289139_20370193.jpg
 昨年定年を迎え、定年後の再雇用という選択肢もあったようだが、さまざまな事情もあり、自分でも思いがけなく、独立し、「始めてしまった」とか。店名は「ギャラリー喫茶工房WOO」(札幌市北区新川西4条3丁目、ホームページhttp://gallerycafew.wix.com/workshopwoo)。

 店主は陶芸が趣味で、陶芸体験もできる、とか。店舗内は2Fもあり、小コンサートなども開ける。

 ★貧しい日本文化
 通常の職場であれば3連休の中日(なかび)。テレビではBSで「幸福の黄色いハンカチ」をまたやっている。いつも思うのだが、かつての映画作品もそれこそ種々諸々、驚く程にたくさんの作品があるはずなのに、いつもいつも同じような作品ばかりをテレビ局は放映するのか?まあ無難に視聴率が取れるとか、スポンサーが付くとか、そうした理由があるのだろうが、なぜもっと冒険ができないのか。本当にガッカリする。

 本当に驚く程に豊かな、素晴らしい、それこそB級映画も含め、豊かで豊穣な遺産があるのに、そうした作品を放映しないのか?これは、映画だけに限らない。私たちの文化がどんどんと貧しくなっていく…。

[PR]
by saiseidoh | 2016-03-20 20:44 | 街(町)歩き | Comments(0)

歳末のすすき野・狸小路

d0289139_13512288.jpg
 偏頭痛と首付近の凝りをきっかけに脳神経外科と整骨院通いをして3ヶ月ほどが経った。6日間の休みに入ったので、本日は朝一番で整骨院へ向かう。

 いい機会なので、帰途は地下鉄南北線に乗ってすすき野まで。目的地は大通りとすすき野の中間あたりにあるブックオフ。期待せずに1時間ほど見たが、やはりほとんど良い本はない。ここ10年間ほどに出た本や文庫、新書…がただ古くなっただけのベストセラー本や比較的売れた本が中心だ。新刊書店の“二番煎じ”店だ。それでも多少は読めそうな4冊は購入したが…。
d0289139_13514599.jpg

d0289139_13515649.jpg

d0289139_1352675.jpg
 せっかく街に出たのだから、と付近を散策する。目に付いたのが、市電のループ化によるすすき野付近の街並みの変化。市電が道路中央ではなく、両端を走る風景もいい。

 ついでに付近にかつてあった古書店なども確認する。すすき野のど真ん中にあった「北海堂」はまだ看板のみかかり、建物はある。狸小路商店街からやや外れた場所の「八光書房」は外から書架は見えるが、営業しているのか、閉店?、休業?…なのかなどはわからない。

 そして、いつも入館せずに、チラシのみいただいているシアターキノに寄り、チラシを入手。それにしても、狸小路も映画館がかつては軒並みだったが、今やシアターキノのみが孤軍奮闘している、という図に隔世の感だ。


にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by saiseidoh | 2015-12-29 14:22 | 街(町)歩き | Comments(0)

福岡市内

d0289139_21525751.jpg
(櫛田神社)
d0289139_21523480.jpg
(大濠公園)
福岡には初めて来た。

北海道教育大学函館分校の養護学校教諭養成課程2期生は20人弱が定員で、卒業すると、同期の人間たちは全国に散らばっていった。関東に数人、東北にも数人、残りは大半が北海道内の知的障害児の教育の現場に就職した。唯一、遠く離れて福岡市内に就職したのが、Y氏夫妻(元々Y氏の実家があり、出身地だったのだが…)。

今回初めて福岡に行くと伝わると、Y氏夫妻が「空港に迎えに行き、市内も案内するよ」と言っていただいた。実に38年ぶりの再会だ。

そんな訳で本日は夜まで夫妻に案内していただいた。福岡は予想以上に活気に溢れ、若い人たちが街を闊歩していた。

日曜日のせいもあるが、古本屋・古書店が全く見当たらない。全国どこに行っても古本屋の閉店が急速に進んでいるようだ。仕方なくブックオフで数冊を購入。
[PR]
by saiseidoh | 2015-09-27 22:08 | 街(町)歩き | Comments(0)

野球観戦

 年に数回程度、札幌ドームに足を運ぶ。妻ともども、ファイターズファンクラブに入っているので、だいたい2人連れでの観戦。
 
d0289139_13385327.jpg

 昨日も対楽天戦2日目の対戦。自宅から車でドームに向かい、途中のコープ札幌で食料を買い込み、ドーム近くの低料金の駐車場に車を入れる。

 午後6時スタートで、試合は延長10回まで。試合時間4時間半ほど。少々長く疲れた。

 9回裏に同点打を打った矢野謙次はさすが。大谷ばかりが取り上げられるが、矢野の方が貢献度は高い試合だったろう。

 本屋めぐりの合間合間、あるいは本屋めぐりと併せて余暇やレジャーを楽しみたいと常々思っている。


 
[PR]
by saiseidoh | 2015-08-09 13:46 | 街(町)歩き | Comments(0)

白金温泉・青い池etc.

d0289139_6271541.jpg

 4、5年前に訪れた時の写真です。美瑛町・白金温泉の「青い池」。そして美瑛、富良野町付近の風景です。
d0289139_6272535.jpg
d0289139_6273318.jpg
d0289139_6274140.jpg
d0289139_6274957.jpg

[PR]
by saiseidoh | 2015-07-13 06:28 | 街(町)歩き | Comments(0)

古書ドリス

d0289139_1859554.jpg

仕事を終えて、今日は神保町と清澄白河を巡り歩いた。

やはり神保町にはいい本が宝のようにある。最初1,2店の均一ワゴンなどをのぞいていたが、買いたいと思う本が全くない。しかし、3店目ぐらいから少しずつあったので、買い始めた。「狩野亨吉の生涯」など狩野亨吉についての2冊を含め10冊ほど。

清澄白河では「古書ドリス」。駅の裏手、中小路でわかりにくい場所で、外観もぱっとしないが、中に入るとサブカルチャー本をメインに素晴しい本が満載。今日は時間がなく、あまり見ることができなかった。外の100円均一本から4冊を買って、失礼した。

レジの上にある、タルコフスキー「サクリファイス」のポップはフランス上映時のPR用だ、とか。店の雰囲気にも合っていて、好ましい。
[PR]
by saiseidoh | 2015-05-30 19:14 | 街(町)歩き | Comments(0)

岩内町・本のREX

 JR函館本線の小沢駅近く、岩内町の中心街を車で走っているうちにこの店舗があることに気づいた。

 北海道内の都会もそうだが、それ以上に地方や地域には古本を扱う店が皆無、と言って良いほどない。

 この店舗は「本のREX」(午後1時~午後9時、水曜定休)。住所でいうと、岩内郡岩内町字万代5-9(☎0135-63-2280)。
d0289139_8362558.jpg

 店内に入ると、意外に広いスペースで、ゲームやコミック、DVDなどが多い。単行本・文庫本や映画パンフレット、チラシ、鉄道本、趣味本、ピンク本・DVD等々(この分野が以外に量も内容も素晴らしく=笑い=ある)。古本には見るべきものはあまりない。

 30代と覚しき感じの良い店主さんは10年前後、この場所に来てから8年ほど(?)やっている、と話していた。畑山博「狩られる者たち」(文藝春秋、初版)、映画パンフレット「八甲田山」などを買い求め、失礼してきた。
                                  (訪問日・5月3日)
[PR]
by saiseidoh | 2015-05-16 08:38 | 街(町)歩き | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

最新の記事

「自分の作りたい本」
at 2018-11-16 20:16
復刻出版(2018年11月)
at 2018-11-15 17:38
第52回北海道新聞文学賞に澤..
at 2018-11-01 07:46
岩波新書創刊80年記念「はじ..
at 2018-10-11 21:11
「水俣 そしてチェルノブイリ」
at 2018-10-07 07:58

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道