彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧

紅葉三昧

d0289139_20155659.jpg
d0289139_20160662.jpg
d0289139_20161469.jpg
 
 札幌市内では珍しい風景だが、ここの紅葉は赤が多くて大変目に鮮やかだ。

 清田区の平岡樹芸センター。ここ数年、季節になると必ず訪れている。



[PR]
by saiseidoh | 2014-10-26 20:19 | 自然・都市 | Comments(0)

「古本 浪漫堂」

d0289139_18172561.jpg
 地下鉄平岸駅(南北線)付近を車で走っていて、気になる古本屋を最近見つけた。閉店が相次ぐリアル店舗としては珍しいが、7,8年前からこの場所で営業を始めているようだ。

 本日は時間がなかったので、店内にざっと目を通す程度で、購入は控えた。文庫本がメインだが、単行本、絵本、サブカルチャー関連…と面白そうな古本屋だ。

 看板には“本好きの店”と銘打ってある。場所はわかったので、これからは気軽に寄って、利用してみたい。ブログ、Twitterでの情報発信も積極的に行っている。

 ▼古本 浪漫堂=札幌市豊平区平岸3条7丁目2-3
 ▼営業は⇒平日:10時~21時30分、日祝:12時~20時
 水曜は定休です。
 
[PR]
by saiseidoh | 2014-10-26 18:27 | 街(町)歩き | Comments(0)

友部正人「ちんちくりん」

d0289139_08204301.jpg
d0289139_08205858.jpg
 昨夕、石狩市外からの帰途、ブックネットワンに期待せずに寄った。

 友部正人「ちんちくりん」(ビレッジプレス、2001年刊行、増補改訂版)。友部正人氏、といえば、フォーク世代にとってはとても馴染みが深い。そして、詩人としても有名で、詩集やエッセイ集も何冊か出している。

 この本も写真や文章がいい味わいを醸し出している。

 本を開くとタイトルページに著者の直筆サインが「2001年6月7日」付で書かれていた。


[PR]
by saiseidoh | 2014-10-19 08:26 | 音楽・オペラ | Comments(0)

小宮豊隆「夏目漱石」


d0289139_17150236.jpg
d0289139_17151605.jpg
 狩野亨吉への興味から夏目漱石についての本を読んだり、現在、朝日新聞に連載中の「三四郎」、前回掲載の「こころ」等を読み直している。

 友人の小宮豊隆による「夏目漱石」(岩波文庫、3冊セット)。最近重版が出ており、Honya Club経由でネット注文。届いた、とのことで、本日コーチャンフォー新川通店で受け取ってくる。14日注文から4日目。2,333円也。

 この3冊の岩波文庫は楽しみだ。

 神経衰弱、生きることへの不安、ユーモア…夏目漱石も興味深い人物だ。狩野亨吉、夏目漱石、いずれも現代人と共通する心理・思想・課題等を抱えていた、と思う。




[PR]
by saiseidoh | 2014-10-18 17:24 | 文学・小説 | Comments(0)

夕張の紅葉

d0289139_18402928.jpg
d0289139_18404183.jpg
d0289139_18405922.jpg
 夕張川、滝の上公園の紅葉。定山渓とは比べられないほど綺麗です。


[PR]
by saiseidoh | 2014-10-13 18:48 | 自然・都市 | Comments(0)

定山渓付近の紅葉

d0289139_09150714.jpg
d0289139_09144196.jpg
                              定山渓・錦橋付近

d0289139_09142703.jpg
d0289139_09141810.jpg
                                      さっぽろ湖付近

 改めて写真を撮ろうとすると、どうしても電線や電柱が画面に入り込んでしまう。

 入れないで写すことは至難の業だ。




[PR]
by saiseidoh | 2014-10-13 09:23 | 自然・都市 | Comments(0)

個人が無料で電子出版する方法(5)

d0289139_17032831.jpg
 アマゾンkindle版で販売を予定していた、初めての書籍「響感する魂~和田武雄と森有正の晩年」の登録を終えることができた。

 いくつか難しい点などあったが、どうにかこうにか登録までこぎつけることができた。初体験なので種々間違い等があるような気もする。ただし、アマゾンで購入することができるまでは24時間~48時間の時間を要する、とある。

 この作品はここ10年ばかりさまざまな公募賞に応募していたものだが、2次選考、3次選考ぐらいまでは残り氏名・タイトルを挙げていただき、講評程度まではいただいたことがある。

 生前お世話になった和田武雄先生、そしてその思想を深く学ぶ必要があると考える森有正、さらに舞台となった北海道。いずれも今後の世代に遺したい、と念願するものだ。

 

 

[PR]
by saiseidoh | 2014-10-11 17:14 | 出版社 | Comments(0)

現代の珍書・奇書「追憶の真夜中日記」

d0289139_08062039.jpg
 以前から関心があった睦月影郎「マドンナメイトゴールド 追憶の真夜中日記~24年間の記録」(二見書房、マドンナメイト文庫)が届く。

 刊行時2005年の定価は800円。414ページと比較的厚い。「日本の古本屋」では1冊のみ10,000円で出ていたので、アマゾン経由で購入。2,000円だった。

 超売れっ子作家、睦月影郎氏の24歳から24年間の夜の記録、である。一夜とて記載がない日がない。驚くべき記録、備忘録である。きっと嘘はない。

d0289139_08062744.jpg
 封を切って開けてみると、タイトルページにボールペンで睦月氏のサインが入っていた。



[PR]
by saiseidoh | 2014-10-09 08:13 | エロチカ | Comments(0)

「私のための芸能野史」


d0289139_21485093.jpg

d0289139_21490214.jpg
 小沢昭一「私のための芸能野史」(新潮文庫)が素晴らしい。万歳、女相撲、“トクダシ”大道芸人…など今や消え去ってしまった芸能について自らの体験も含めて足を使って探り出し、力作である。

 しかし、この文庫を手に入れようと、アマゾンなどで見ると、中古品は1円から、とその内容の貴重さとは別に(価格としては)評価が大変低い。

 こんな事では内容がいくら良くても、価格が低いと内容までが価値なきものとなってしまう。嘆かわしい、ことだと思う。

 文庫の中から―。

 ……………

「しかし、芸人の消息などは、聞いてもわからないと思いますよ」


 わずか七、八十年前の明治が、もうわからなくなったのか、鮫河橋のサの字も消え失せてしまったのか、歴史なんてものは、世の中の上っ面の事件ばかりが残って、人々の暮しの本当の生身のところは残らないのか……ってな聞いたふうなことを考えながら、これは残っている東宮御所とやらの大きな門に向かって帰りがけようとすると…

 …………

 そうなのだ。人々の本当の暮らしはこうした本や何か違う手段でしかわからない。後に残るのは、教科書的な無味乾燥なくだらない歴史にしか過ぎないのだ。

d0289139_21492297.jpg



[PR]
by saiseidoh | 2014-10-05 22:03 | ノンフィクション | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

最新の記事

「自分の作りたい本」
at 2018-11-16 20:16
復刻出版(2018年11月)
at 2018-11-15 17:38
第52回北海道新聞文学賞に澤..
at 2018-11-01 07:46
岩波新書創刊80年記念「はじ..
at 2018-10-11 21:11
「水俣 そしてチェルノブイリ」
at 2018-10-07 07:58

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道