彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧

「情報をかすめ取るだけ…」

朝日新聞オピニオン&フォーラム。本日のテーマは「戦うジャーナリズム」。わずか社員10人というアメリカのローカル紙、ストームレーク・タイムズ社説担当、アート・カレンさんがこう書いている。

「…ネットメディアが勢いづいていますが、地域ジャーナリズムでは関係ありません。ここにはネットメディアの記者はいません。彼らの多くは私たちのような新聞から情報をかすめ取るだけ。新聞は落ち目だと言われますが、そんなことはない。…」

ストームレーク・タイムズは今年のピュリッツァー賞論説部門で受賞した。

ネットメディアはどうしても現場を歩くのが少なくなってしまうようだ。古いかもしれないが、物事は現場や地域を歩かないとわからない。そして、ネットは他人が現場を歩いて集めた貴重な情報をかすめ取る、という傾向を強く有しているように思う。

もう30年も前なので、時効かもしれないが、青森県内のローカル紙で記事を書いていた頃、企画記事的なものや自分にしか書けないと思った記事を極力書いた。ただ単なる事件・事故記事ではない。それが、数日後に某大手紙県内版に大きく載った。記憶にあるだけでも10本に近い。完全に私が書いた記事の盗用だった。はるか昔の事なので(苦笑)記憶にないが、それに対して誰かが指摘するでもなく、問題化した記憶がない。

ジャーナリズムは現場を歩き、自らが集め、それを元に書くのが基本だ。「情報をかすめ取る」のが何の違和感を伴わないならば、それはジャーナリズムの死(書くことに何の意味もなくなる)意味する。

[PR]
by saiseidoh | 2017-05-31 13:34 | ジャーナリズム | Comments(0)

「生きることは闘うことだ」

生きることは闘うことだ (朝日新書)

丸山 健二/朝日新聞出版

undefined


芸術新潮 2017年 06 月号

新潮社

undefined


 慌ただしく辛い事のみ多い、この世の中だが、先日届いた岩波文庫創刊90年記念「図書 私の三冊」を取り出す。ネットやスマホがすべて、と言わんばかりのご時世だが、原稿を寄せた228人それぞれの「私の三冊」に想いを巡らすとまだまだこんな楽しみ、精神の慰謝があることに改めて気づかされる。


[PR]
by saiseidoh | 2017-05-29 06:59 | 新刊 | Comments(0)

「年表昭和史 増補版」

 先日弘南堂書店で何気なく購入してきた「年表昭和史 増補版」(岩波ブックレット)がとても役立つ。そして、改めて歴史を丁寧に見ていくことの大切さを思う。

 あともう一息、という所まで進捗しているはずの、某老舗企業百年史のゴールが見えてこない。昨日も平成編を見直すことになり、時代背景や社会の状況などもより多く書き加えることになった。
d0289139_11124479.jpg
 早速、「年表昭和史」を活用することにした。改めてこの年表を読むと、大変よくできている。

組織犯罪処罰法改正案に先駆ける特定秘密保護法、安保法制、そして今後の憲法改正論議…と時代の流れを全体として捉える必要も改めて思う。


[PR]
by saiseidoh | 2017-05-25 11:18 | 歴史 | Comments(0)

「ウラルの核惨事」

ただでさえ生活に追われる日々。政治の状況。希望はあるのか、いつも鬱々と過ごしている自分に気づく。それでも希望を求め、あるいは日々の積み重ねが何かを生む、と信じて日々暮らす。
[PR]
by saiseidoh | 2017-05-23 07:10 | 原子力・エネルギー | Comments(0)

「旅の空の下で」

ここ二日間ほど、風邪でひどい目に遭っている。せっかく休みだった時間、札幌市中央図書館と弘南堂書店に寄ったが、あまり成果も得られず、楽しめなかった。

弘南堂書店では森有正「旅の空の下で」と「年表昭和史 増補版」。「旅の空の下で」に収められた文章はほとんど読んでいるが、比較的綺麗な本だったので、購入して来た。「昭和史」は改めて戦前期の状況を知り、今後役立てたい。
d0289139_06513686.jpg


[PR]
by saiseidoh | 2017-05-19 06:51 | 歴史 | Comments(0)

「サクリファイス」より

d0289139_07023700.jpg
1986年完成。アンドレイ・タルコフスキー「サクリファイス」。最後のシーン。

[PR]
by saiseidoh | 2017-05-16 07:06 | 映画・映画の本 | Comments(0)

一週間の始まり

 何事も声高に語ることは好まない。脚光を浴びる側に与しようとも思わない。小さな声や弱い声を大切にしたい。

    「戦後よりまた戦前へ四月馬鹿
           (いわき市・馬目空)」(朝日俳壇15日付)

 本日付の朝日新聞の“声”欄には「沖縄につながる人間でいたい」(福岡県・中井康雄氏)という投稿が載っていた。

 平日休みのシフトになったが、一週間の始まりの気分はあまり変わらない。


[PR]
by saiseidoh | 2017-05-15 06:54 | 身辺雑記 | Comments(0)

「人生論ノート」など

日曜日だが、本日はこれから仕事に向かう。

北海道新聞の読書ページから。


[PR]
by saiseidoh | 2017-05-14 08:44 | 新刊 | Comments(0)

林語堂「高額本半額市」

 昨日仕事から戻ると、古書店林語堂(青森市)から2回目となる目録「古書市場」が届いていた。今回の目録は“高額本半額市”。
d0289139_07181701.jpg
 膨大なリストなので、ゆっくりと見ないと、必要な本があるのか、興味深いものがあるか、はよくわからない。ゆっくりと改めて見よう。

 それより何より驚いたのは、目録最終ページにあった「余白」なる現店主からのお知らせ文。店主父親の前店主(番頭?)がつい最近、東南アジアに旅立ち、今は連絡が取れない、という。しかし、ご心配なさらずに…と。

 人生には本当にいろいろなことがあるものだ。

 実は前店主のブログ愛読者で、一、二度連絡もしたことがあったので、突然ブログが中断していたので、どうされたのか、と心配していたのだ。

 青森という懐かしい土地で営業を続ける林語堂さんには特別な思いと愛着がある。そして、古書という私たちの財産を大切にしていただきたいとも思うのだ。


[PR]
by saiseidoh | 2017-05-13 07:28 | 古書店 | Comments(2)

「組織犯罪処罰法改正案」

最近の新聞を読むと、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案、と記されている。本当に困ったものだ。特定秘密保護法、集団安保法制などと続き、今回の共謀罪。現政権というよりは、安倍晋三という政治家が目指す政策が次々と形になっていく。

共謀罪法案は何としても成立して欲しくない。本当に私たちは治安維持法の教訓を学んでいるのか。


[PR]
by saiseidoh | 2017-05-12 07:00 | ジャーナリズム | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

最新の記事

「自分の作りたい本」
at 2018-11-16 20:16
復刻出版(2018年11月)
at 2018-11-15 17:38
第52回北海道新聞文学賞に澤..
at 2018-11-01 07:46
岩波新書創刊80年記念「はじ..
at 2018-10-11 21:11
「水俣 そしてチェルノブイリ」
at 2018-10-07 07:58

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道