彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧

「北の映像ミュージアム」

d0289139_17315580.jpg
d0289139_17320964.jpg
 初めて「北の映像ミュージアム」(午前10時~午後6時、月曜日休館、さっぽろ芸術文化の館1F)を訪れることができた。

 新聞記事などで移転を余儀なくされていることも知っているが、こうしたミュージアムはもっと本格的に残すべきものでもあるだろう、と思う。北海道は映画人が殊のほか多いような気もするし、映画・映像の舞台としても最適ではないだろうか。

 小林正樹監督らに興味を持つが、坊屋三郎が夕張、高峰秀子が函館出身となかなかに豪華なラインナップだ(北海道出身、そしてゆかりの深い映画人はまだまだいるが…)。ここに残された作品世界とそこに情熱を込めたすべての映画人に心から感謝する。



[PR]
by saiseidoh | 2017-11-30 17:40 | 映画・映画の本 | Comments(0)

「健康格差 あなたの寿命は社会が決める」

インパール作戦従軍記―一新聞記者の回想 (岩波新書 黄版 269)

丸山 静雄/岩波書店

undefined


 出版社も様々あるが、大手では岩波書店や講談社、筑摩書房などが好きだ。「歴史」への視線・歴史への尊重が何となく感じられるのだ。
今月も興味深い新刊本・復刊本が並んでいる。

 中で、NHKスペシャル取材班による「健康格差 あなたの寿命は社会が決める」。最近よくありがちな“健康格差”“経済格差”に関するものだが、とても身につまされるタイトルだ。私も65歳を超え、まだまだ現役として働いているが(働かないと生活できないから、なのだが)、恵まれている、という自覚がある当方でさえ、生活のしづらさに四苦八苦している。

 経済格差もそうだし、健康格差…全てが当てはまる。文学や芸術全てを愛する私が痛感するのは、『文化格差』だ。本を購入し、映画を気軽に観る機会すらないのだ。

日本問答 (岩波新書)

田中 優子,松岡 正剛/岩波書店

undefined


江戸川乱歩作品集I 人でなしの恋・孤島の鬼 他 (岩波文庫)

浜田 雄介(編集)/岩波書店

undefined


不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)

鴻上 尚史/講談社

undefined


「幸福な日本」の経済学 (講談社選書メチエ)

石見 徹/講談社

undefined







[PR]
by saiseidoh | 2017-11-25 08:03 | 新刊 | Comments(0)

夕張炭鉱病院史がない…

d0289139_07294737.jpg
かつて生きていた人々や過去の事柄を調べ始めると、本や資料、新聞などがどれだけ活用できるかが一つのポイントになってくる。

そういう訳で、今難渋しているのが「夕張炭鉱病院」の存在。かつて北炭が国のエネルギー政策の重要な一端を担い花形だった時代、炭鉱病院は道内各地にあった。夕張炭鉱病院もその一つだが、石炭産業斜陽化を経て、炭鉱病院は「夕張市立病院」となり、今や民間医療法人が運営する夕張市立診療所となった。

そうした歴史の節目節目でもこの病院の年史はどの事業者も行政も残さなかったと思われる。もはや誰もが果たせることのない大きな“宿題”となってしまった。

夕張炭鉱病院の歴史を追い、道立図書館などにも通ったが、その痕跡はどこにも残っていない。中で見つけたのが「産業保健散策 北海道労働衛生史メモ」(古屋統著、北海道医療新聞社)。この本の中に「大正〜昭和期の鉱山における安全衛生事情ー白川玖治の業績ー」として炭鉱病院について触れられていた。

[PR]
by saiseidoh | 2017-11-24 07:53 | 身辺雑記 | Comments(0)

鎌田慧「声なき人々の戦後史」(上)(下)

d0289139_08273979.jpg

 私が日々目にする新聞等(特に活字媒体)には「一人一人を大切にしよう」「一人一人の生き方を見、尊重しよう」という内容を含んだ文章や(いい意味での)物言いのものが目に付く。(そういう記事に目が自然と向くのは)自分の体や考え方に染みついているのかもしれないが。しかし、世の中の流れがそうなっているかと言えば、そうはなっていず、大きな声にすべてがかき消され、飲みつくされているように見える。

 鎌田慧「声なき人々の戦後史」(藤原書店)。一人一人の生き方にスポットを当て、権力を持たない人、普通の人々を大切にする―。ノンフィクションや文学、芸術は本来、そうした営為ではないのだろうか?最近強くそう思う。


[PR]
by saiseidoh | 2017-11-19 08:35 | ノンフィクション | Comments(0)

野呂邦暢「草のつるぎ」

d0289139_07121786.jpg
 ヤフオクで野呂邦暢「草のつるぎ」(昭和49年初版)を落札し、その本が昨日届いていた。

 「一滴の夏」初版本も300円そこそこで出ていて、途中まで気をつけていたのだが、夜遅くで寝てしまい、こちらは落札できなかった。むしろ、「一滴の夏」の方が手に入れたかったのだが…。


[PR]
by saiseidoh | 2017-11-14 07:16 | 文学・小説 | Comments(0)

渡辺京二「死民と日常 私の水俣病闘争」

死民と日常《私の水俣病闘争》

渡辺 京二/弦書房

undefined


 北海道新聞、本日の読書欄より。「末永く読み継がれるべき本である」(評者)とある。なかなか読むことができないが…。

ビリー・ホリデイ─レディ・デイのためのブルース (ele-king books)

パオロ・パリージ/Pヴァイン

undefined


 これも同じく読書欄より。こうした本にも心惹かれる。



[PR]
by saiseidoh | 2017-11-12 08:33 | ノンフィクション | Comments(0)

「生き延び方について」

 朝日俳壇・歌壇『うたをよむ』で花山周子さん(歌人)という方が触れている。

 「生きづらい世の中だと思う。社会から脱落しないように、人に迷惑をかけないように、そして、お金がない。それでも、そういう生きづらさのなかから針の穴をくぐって、発せられている…」

 それが次のような歌である。

  海沿いできみと花火を待ちながら生き延びかたについて話した
                         (花岡直子)

 今もかつても、古今東西の文学作品は「針の穴をくぐって」苦難を吐き出してきたもののように思う。今もそれは変わらないのだ、と痛感する。

 堀淳一「北海道地図の中の鉄路」(亜璃西社)を予約し、最寄り館で借りることができた。装丁も素晴らしく、とても良い本である。
d0289139_07050302.jpg

[PR]
by saiseidoh | 2017-11-06 07:05 | | Comments(0)

「別冊新評 稲垣足穂の世界」

d0289139_17342618.jpg
 時間があると悪い癖でブックオフや古本屋に出かけてしまう。ブックオフ札幌南一条店で「ふるさと文学館」という素晴らしい本に出会い、ブックオフも満更捨てたものでもない、と本日も屯田店に出かける。しかし、やはり買いたいものは100%(笑い)ない。ひどいものだ。

 口直し、とばかりにいつもの弘南堂書店へ。ここでは「別冊新評 稲垣足穂の世界」(昭和52年刊)を手に入れ、溜飲を下げる。タルホロジーここにあり、といったところ。生前の写真なども興味深い。鶴見良行「マングローブの沼地で」(朝日新聞社、昭和59年刊)はかつて購入したものの、いつの間にか、どこかの古本屋に売り払ったもの。懐かしさも加わり、思わずまた購入してしまった。

 
[PR]
by saiseidoh | 2017-11-02 17:43 | 文学・小説 | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

最新の記事

「自分の作りたい本」
at 2018-11-16 20:16
復刻出版(2018年11月)
at 2018-11-15 17:38
第52回北海道新聞文学賞に澤..
at 2018-11-01 07:46
岩波新書創刊80年記念「はじ..
at 2018-10-11 21:11
「水俣 そしてチェルノブイリ」
at 2018-10-07 07:58

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道