人気ブログランキング |

彩生堂備忘録


店主:宮内義富、札幌在住。「本の力」「人の力」が必要な時代です。ものごとを、明治以降生まれた様々な思想や文学、社会学、医療や医学、性その他に関する学問・研究など、多面的な物差しで見ていくことの必要性も痛感します。
by saiseidoh
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

高橋伸彰「少子高齢化の死角」

  
 経済学の本は、その評価が本当に難しい。他の学問でも似たようなことがあるようだが、経済、となると、誰が主張していることが正しいのかいつも悩まされる。

 高橋伸彰氏(立命館大学教授)によるこの本「少子高齢化の死角―本当の危機とは何か」(ミネルヴァ書房)も同じ悩みの延長上にある。一読後、高齢社会と少子化をめぐって、丹念にデータを積み重ねながらも納得できる主張・提言を行い、「なるほど」と思わせる。

 しかし、一方でその提言等に否定的な意見を読むと、そういう見方もできるのか…とか、意外に結構あることである。

 この「少子高齢化の死角」で当方の気持ちや普段の考え方に近く共感できるのは次のようなところだ。

 スウェーデンの経済学者、
d0289139_19571484.jpg
エスピン・アンデルセンが説く、5つの提言。

 ①女性の雇用を最大限に増大させること
 ②貧困から子供を救うこと
 ③ライフサイクル柔軟化のひとつとして定年制度を廃止すること
 ④柔軟化の2つ目として余暇と仕事の組み合わせ、すなわち生涯の労働時間と余暇時間を月単位、年単位  で働いたり休みをとったり、ある程度自由にできること
 ⑤平等概念を再検討すること―この5つ。

 それぞれに尤も、だと思う。

 だが、旧来伝統の経済学者はそんな事では成長路線を継続できない、と言いそうではあるが…。

 これからの時代、過去の研究・業績に学びながらも、大胆な発想や柔軟な発想を求めた方がいいとは思う。そうやって過去のことを辿っていくと、案外に昔からさまざまな考えがあることも多いのが事実だ。古典や本が持つ意味はこの辺にある。
by saiseidoh | 2013-01-21 20:00 | 経済・経営 | Comments(0)

外部リンク

フォロー中のブログ

梟通信~ホンの戯言
ホクレレ2

最新のコメント

先日、大橋巨泉についてブ..
by プログレ at 20:12
本当にそうですね。東京に..
by saiseidoh at 20:15
乾ききった魂に、沁み込ん..
by JUNNKO at 12:17
私も同じかもしれません。..
by Takeshi at 23:24
 評論、というほどの事は..
by saiseidoh at 12:43
日経の文化欄を好むもので..
by Takeshi at 12:12
私も一度、登山で行ったこ..
by プログレ at 16:10
 コメント有難うございま..
by saiseidoh at 21:34
世の中ではびっくりするほ..
by saiseidoh at 20:20
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
電子貸本Renta!で評..
from 最新お得情報

検索

ブログパーツ

最新の記事

浅見仙作「田村清遺稿集 いの..
at 2019-06-22 16:34
「いのちの泉」社Twitte..
at 2019-05-09 15:48
南方熊楠
at 2019-04-18 08:12
野田秀樹「ゴーマンイング・マ..
at 2019-04-05 07:30
「万葉集」
at 2019-04-03 09:28

ファン

ブログジャンル

本・読書
北海道

画像一覧